【2/13開催】北迫絵美様​ 講演会

北迫絵美.png
​登壇者情報
​北迫 絵美

世界銀行(民間セクター部門)

セネガル事務所インベストメントオフィサー


1981年鹿児島県生まれ。2005年一橋大学社会学部卒業後、バークレイズキャピタル証券東京支店入社。2007年よりロンドンにてグローバル債券ファンド(現アリアンツグローバル)に勤務、債券・為替の運用業務に従事。2011年より、欧州復興開発銀行(EBRD)ロンドン・ウクライナ事務所にて、東欧・中央アジア地域へのインフラ・農業投資を担当。2013年、世界銀行民間セクター部門(World Bank Group, International Finance Corporation)に入社(現職)。5年間のケニア(東アフリカ)勤務を経て、2018年よりセネガル(西アフリカ)勤務。サハラ以南アフリカの農業・食品企業への株式投資・融資案件を手掛ける。ロンドンビジネススクール金融学修士。

​イベント内容

本イベントは、一橋を卒業後、社会で活躍されている北迫様にご自身のキャリアや「生き様」を語っていただくことで、一橋生のキャリア選択における考えの幅を広げることを目的としています。第一部の講演会後、第二部では希望制のディスカッションを予定しております。一橋生同士で得た学びを言語化し、共有することで、澁澤塾が掲げる「学び・思考・実践」のサイクルを実現すること、学内のつながりを構築することを目的としています。

第一弾は、本学社会学部を卒業し、現在は世界銀行でセネガルを舞台に活躍されている北迫絵美様。第一線でパワフルに働く先輩の経歴の背後にあるリアルな「生き様」を通し、今後の学生生活でのアクションにつながる学びを提供することを目指します。

​登壇者メッセージ

はじめまして。世界銀行セネガル事務所の北迫と申します。

この度、澁澤塾さんの第一回講演会企画にて登壇させて頂くことになりました。「生き様」というお題を頂いたので(笑)、学生時代からどんな紆余曲折、悩み・決断を経て現在に至るのか、ざっくばらんにお話させて頂きたいと思います。キャリア設計の仕方、海外で働く、国際機関で働く、女性が働き続けること等々について、学生さんがイメージ出来るようなお話が出来るといいなと思っています。

コロナ禍でOB訪問等の機会も限られると思いますが、こんな状況だからこそ、家でお茶を飲みながら気軽にOBと語らう、というような楽しい機会に出来れば嬉しいです。

​イベント情報
日時
2021年2月13日(土)14:00〜17:00
​場所
Zoom
*リンクはイベント前日、参加フォームを回答してくださった方にメールでお送りします
参加費
無料
参加対象

一橋大生30名程度

澁澤塾のコミュニティメンバーに限らず、全一橋生が対象です

​申し込み期限

2021年2月11日(木)23:59

タイムテーブル

14:00〜14:10 開会

 

14:10〜15:10 北迫さん 講演

 

5分休憩


15:15〜15:30 個人ワーク

 

15:30~16:10 共有タイム

5分休憩
 

16:15~16:25 代表者発表タイム

16:25〜16:30 閉会

16:30〜17:00 参加者同士でのディスカッション(希望者のみ)