【6/19開催】菱沼勇介様​ 講演会

菱沼勇介.png
​登壇者情報
DSC_1893.JPG
​菱沼 勇介

株式会社エマリコくにたち代表取締役


1982年12月27日生まれ。
農地のない街・神奈川県逗子市に育つ。
一橋大在学中に、国立市にて空き店舗を活かした商店街活性化活動に携わる。2005年に一橋大商学部卒業後、三井不動産、アビーム・コンサルティングを経て、国立に戻る。NPO法人地域自給くにたちの事務局長に就任し、「まちなか農業」と出会う。2011年、株式会社エマリコくにたちを創業。東京都オリジナル品種普及対策検討会委員(2019年度~)。農水省『地産地消等優良活動表彰』、多摩信用金庫『多摩グリーン賞』等受賞。

​イベント内容

本イベントは、社会で活躍されている一橋の卒業生の方にご自身のキャリアや「生き様」を語っていただくことで、一橋生のキャリア選択における考えの幅を広げることを目的としています。そしてさらに、講演会後のディスカッションを通じて一橋生同士で学びを共有することで、澁澤塾が掲げる「学び・思考・実践」のサイクルを実現すること、学内のつながりを構築することを目指しています。

​登壇者メッセージ

さまざまな挑戦の選択肢を提示するこの取り組みは素晴らしいと思います。
たとえば農業と一言に言っても、生産者によって、その経営の価値観も経営戦略もじつに多様です。
考えてみたら当たり前のことで、人間は十人十色だから違っているのが自然なことです。
してみると、一橋大生の進路が一様だとしたら、そこには機会損失があるような気がします。グローバルに対して、人々の足元の地域を考える「シンク・ローカル」の視点も大事です。
効率的な産業とはいえない農業や地域に密着してコミュニティを盛り上げる、というマイナーな選択肢も
ぜひ知ってもらいたいですし、都市計画という視点も今回、提示したいと思います。

​イベント情報
日時・タイムテーブル
2021年6月19日(土)

 

10:10~11:55 第一部 (菱沼さんのご講演+質疑応答)
 

11:55~13:00 第二部 (個人ワーク+グループディスカッション)
 

※第一部のみの参加も可能です。

※タイムテーブルは変更する可能性があります。

​場所
Zoom
*リンクはイベント前日、参加フォームを回答してくださった方にメールでお送りします
参加費
無料
参加対象

一橋大生50名程

*澁澤塾のコミュニティメンバーに限らず、全一橋生が対象です

*こちらは上限人数ではありません

​申し込み期限

2021年6月17日(木)23:59