Nagamine_photo.jpg

長嶺 由衣子

東京医科歯科大学東京都地域医療政策学講座・助教

​医師、医学博士(公衆衛生)、修士(社会疫学)

一橋大学社会学部卒業後、健康にかかわる施策形成に関心を持ち、医師免許を取得。

 

離島医療、ロンドン留学、国際機関、自治体や企業の介護予防施策・事業策定支援などを経て、現在は、診療を行う傍ら、社会経済的・環境的要因が健康に及ぼす影響について研究を行う。

地域医療者兼疫学者として、自治体や民間企業のアドバイザーなども行う。1児の母。

登壇者メッセージ

どの時代でも、どの年齢層でも、どの地域でも、そこに人がいる限り必要な機能である医療や健康にかかわる仕組みづくりの道に私は進みました。誰もが人生でやりたいことをやるため、「健康」であることは前提になる。「健康」の概念は広く、病気があっても、生まれた時から不利な環境に置かれても、やりたいことを達成できる「健康」な社会環境を作ることも責務であると思い、日々研究、診療にまい進しています。皆さんの興味・関心についてお話を聞かせていただけることもとても楽しみにしています。

イベント内容

テーマ:誰もが健康を享受できる社会づくり

 

日時:1月22日(土)10時〜12時

場所:オンライン開催(Zoom)

タイムスケジュール

10:00-10:10:登壇者紹介

10:10-11:00:講演

11:00-11:05:休憩

11:05-11:35:質疑応答

11:35-11:55:ディスカッション

11:55-12:00:閉会式

​※タイムスケジュールは変更する可能性があります。あらかじめご了承ください